加齢臭

MENU

加齢臭の原因

加齢臭は、古本や新聞、ブルーチーズのような臭いと称され、青臭さや酸っぱさ、鼻を刺す臭いが特徴で、40歳以降の方にだけ現れることから「加齢」臭と呼ばれています。
自分の枕の臭いを嗅いでみて、このようなにおいがした場合は早急に手を打ったほうが良いでしょう。

加齢臭の原因となるのはノネナールという物質で、皮脂腺の中のパルミトオレイン酸という脂肪酸と過酸化資質が結びつくことで作られるものです。
一般的に40歳を超えると加齢臭が出始めるといわれていますが、それは若い男女にはノネナールはほとんど存在していないからです。

また、40歳以降でパルミトオレイン酸と過酸化資質が増加するため、加齢臭が起こりやすくなっているのです。
加齢臭というとつい中高年の男性を思い浮かべがちですが、実は女性にも加齢臭はあります。
しかし加齢臭の個人差も大きく、強烈な方もいればほとんど分からない程度という方もおり、その割合は男女の差は関係ないようです。

加齢臭の元であるノネナールですが、この発生には食生活が深く関わっています。
原因はそもそも加齢によるものなので避けがたいものですが、加齢臭をできるだけ出さないようにすることはできるのです。

ノネナールの元となるパルトオレイン酸は、牛肉やベーコン、ドレッシング、卵、チーズ、フライドポテトといった脂質を多く含む食品を摂ることで増加します。
ファストフードやスナック菓子、インスタントラーメンなどのつい手を出してしまいがちなものを多く食べていると、加齢臭を助長する原因となるのでできるだけ控えましょう。

また、ノネナールの元のひとつである過酸化脂質には活性酸素が強く関わっています。
活性酸素自体は悪いものではなく、適量であれば体をばい菌や細菌から守ってくれる働きをしてくれるのですが、適量を超えてしまった場合が問題です。
ストレスやタバコ、食品添加物や紫外線によって過剰に作られた活性酸素は健康な細胞まで酸化させ、老化させてしまうのです。

肌のつやが無くなった、しわやシミが増えたという美容面、走ると息が切れるといった身近なものから、肝臓の機能低下や血管の詰まりといった大病につながるものまで様々な面で悪影響を及ぼします。

ストレスを減らすことはなかなか難しいですし、かといってタバコを減らせばストレスが増し…生活習慣を変えることはそう簡単ではありません。
活性酸素を減らせば加齢臭も発生しにくくなることは分かっていても、実際は難しいものではあります。

加齢臭の対策・改善方法

加齢臭となるノネナールを発生させないためには、パルトオレイン酸と過酸化脂質をいかに抑えるか、そして除去するのかが重要です。
実際にどうすれば良いのかを端的に言うと、健康的な一汁三菜の食事とストレスの無い生活を送ることです。

これらはシンプルながら、非常に難しいことだと思います。
あくまで理想として頭には入れておいて、もうすこし実践しやすい具体的な方法をご紹介します。

食生活についてですが、まずは牛肉の摂取を減らしましょう。
肉類自体を減らすのが健康面では理想ですが、中でも牛肉が最もパルトオレイン酸を発生させやすいからです。

そして、その減らした分だけ魚を食べるようにしましょう。
魚にも脂質は含まれていますが、その脂はサラサラしていますし、多くのビタミンを含んでいます。
それに、ビタミンは活性酸素の除去にも有効です。

ファストフードはどうしても脂質が高くなりがちなので避けましょう。
その他に脂質の低い食品としては、大豆やこんにゃく、豆腐、ささみ、きのこや海藻類等です。
肉類を減らし、魚を摂る機会を増やすのも効果的です。

毎日は難しくても、こういった食品を出来るだけ取り入れることで脂質は抑えられます。
夕飯の一品を冷奴にしたり、おつまみをフライドポテトから枝豆に切り替えるといった事から始めれば、無理なく続けられます。

次に、活性酸素を除去する食品を積極的に摂るようにしましょう。
ニンジンやカボチャ、ほうれん草といった色の濃い野菜にはβカロテンが豊富に含まれており、強力な抗酸化作で活性酸素を除去してくれます。
熱に強い成分なので、油で調理すると吸収率が高まります。

具体的な献立として、ほうれん草ときのこの炒め物をすると脂質を抑えつつβカロテンがしっかり摂れるのでおすすめです。

果物に含まれるビタミンCも、活性酸素の除去に有効です。
免疫力を高める他、ストレスへの抵抗力も高めてくれるので積極的に取り入れましょう。

身近な果物としては、レモンや柿、キウイ、イチゴ、オレンジがおすすめです。
できれば朝食として取り入れるのが理想ですが、難しい場合はオヤツや夜食を果物に置き換えても良いでしょう。

食事面以外でも加齢臭を抑えるアプローチも行っていきましょう。
加齢臭は皮脂腺が多く集まる場所で特に強く発生するので、耳の裏や首筋、うなじ、背中や胸の皮脂を溜めないようにしましょう。

殺菌効果やデオドラント効果のある石けんで洗うのが効果的ですが、洗いすぎるとかえって皮脂を多く分泌するようになるので、ふわふわに泡立てたものでやさしく洗うようにしましょう。

他にも、昔からおなじみの方法としてミョウバン水を使うのも良いでしょう。
ミョウバンには消臭効果があり、殺菌と制汗作用もあることから加齢臭に悩む方に古くから用いられてきました。
作り方は簡単で、ドラッグストアで売られているミョウバンを500mlのペットボトルの水に15g溶かすだけです。

きちんと透明に溶けるまでに1〜2日要しますが、作ったものは冷蔵庫で10日ほど保存がききます。
それを水で20〜50倍に薄めたものを市販のスプレーボトルに入れて、加齢臭が気になる部分にスプレーして拭き取るのです。
耳の裏などは、コットンにつけて拭き取ると服が汚れず便利です。

ただし、間違って原液のまま使うと肌に刺激を与えてしまうので、かならず希釈してから使用しましょう。

最近では、加齢臭の対策としてサプリメントを用いる方が増えています。
体臭に対して消臭効果のある食品で作られたサプリメントで、効果の高さと手軽さから多くの方の支持を得ています。

加齢臭に限らず、口臭や脇臭、汗臭、便臭といったあらゆる体臭に対応してくれるので、自覚しにくい体臭を総合的にケア出来ます。
中でも人気のあるのが「メンズデオ7200」と「クリアンテ」です。

メンズデオ7200は名称から男性専用かと思われがちですが、もちろん女性の方にも効果はしっかり現れます。
体臭対策サプリメントの中でも成分含有量が圧倒的で、価格も手ごろとコストパフォーマンスの高さからリピーターが多く付いています。
一日2粒を好きな時間に飲むだけ、しかも費用は一日当たりわずか90円です。

クリアンテはどちらかというと女性に特化した成分が多く含まれています。
腸内環境を整えることで体臭の発生自体を撃退するというもので、臭いケアと体調の改善が同時に見込めます。
また、嬉しいことにそばかすの防止やしみの抑制、肌のハリや弾力・潤いを保つという美容サポート効果もあります。

ちょっと面白いものでは、「クリスタル・ローズ」というサプリメントもあります。
飲むと吐息がバラの香りになるというもので、臭いエチケットやリフレッシュ目的で人気のある商品です。
体臭対策というととにかく臭いを消そうという発想になりがちですが、こういったアプローチも素敵です。

加齢臭は年齢を重ねる以上どうしても避けられないものですが、ケアの仕方次第ではかなり軽減できます。
自分の体臭は自覚にしにくいので、年齢的にそろそろかな…と思ったらまずは手軽な体臭対策サプリメントから始めてみましょう。